YAMAHA PACIFICA112JL を改造する。

    わざわざ中古を買っての改造など、セコくはない!
    ちゃんと新品で買った愛用のギターの改造である。ネットでは安ギターを改造などという
    記事が多いが、PACIFICA112は価格こそ安いがとても良いギターだと思う。
    「安ギター」などとは非常に失礼な言い方である。

    今回の改造は、愛用のギターをグレードアップしたいから、である。PACIFICAの上位機種
    を買っても良いのだが、PACIFICAの上位機種には、レフトハンド仕様が無いのだ!

    ギター界では、レフティは冷遇されている。ホントに選択肢がせまく、常々頭にきている。
    PACIFICAの上位機種では、コイルタップができたりする。とても悔しい。それがキッカケでもある。
    ネット上でいろいろ調べた結果、『タップして、レインボーントーンにしてやろうじゃん!』
    ってことになった。

    (拔

     ネットで調べてだいたい分かったが、手元にこの本があれば、鬼に金棒だ!

     ※しかし、ネットにしてもこの本にしても、今ひとつ「具体的な」説明に欠けるのである。
     そこで、自分のブログで真にわかり安い説明をしてみようと思った次第である。


    必要なギターのパーツ
     半田ごてとか、電子工作の工具以外に、必要なギターパーツは、

     1)スイッチポットである。
      PACIFCA112JLにあわせると以下の通り。
      ・ミリ規格、
      ・ノブ部分の口径は6mm、
      ・ネジ部分の口径(ピックガードへの取り付け穴)が7.7mm(M8ということであろう)
      ・スイッチポットの場合は、ザグリの深さが38mmなので、それ以下の高さ。
      ・250KのAカーブを買うことにした。
       実際に中身を見たら、意外にも、PACIFICA112JLに付いていたトーンポットは、
       250KのCカーブ(ちゃんとレフティ仕様)だった。
       
      結果、サウンドハウスで買ったスイッチポットは以下。
      Bourns push-pull pot A250K metric [1602]

     2)コンデンサ
      元々ついてるやつを流用でも良かったが、ここはオレンジドロップを買うことにした。 
     PACIFICAにもともと付いてたコンデンサは「223J」となっていたため、0.022μf
     を購入。

     3)ケーブル、ハンダ、その他
      やっぱ音が気になるので、ハンダとかケーブルとかも楽器向けのにしておいた。

     実際に使ったケーブルは布巻きのヤツ。布はストリッパーを使っても、被覆が上手く剥けなかったw
    念のためにハンダもギター向けのもの。

     まぁ、レンチも買っておいて、便利だった。ラジオペンチよりも全然良いと思う。


    G枩図とかまとめ
     ペンタブを使うの面倒なので、手書き。

     1)セレクトスイッチ
    P-01
    PACIFICAについている
    PUのセレクトスイッチは、
    「縦一列」に接点がならんでるやつだった。
    ピックアップからの配線も
    目で確認した。
    セレクターをフロントに
    すると、1番と接触して
    電気は7番から出る。
    ハーフトーンの場合は、
    例えば、1と2がミックス
    されて7番から出る。
    7番は結果出力である。

    4番から8番は使用しないので無視w

    今回はフロントピックアップを全体に追加するので、
    1番と7番に追加でケーブル
    をハンダ付けする。

    尚、ケーブルの配線に関しては、基本、プラスの線(赤とか白)だけ追いかけていれば間違いない。
    ※マイナスの線はつまるところ、トーンポットの金属部分にグランドとしてハンダ付け
    されてればOKなのだ。

     2)全体の配線図
    P-02全体的な作業としては、

    トーンポットを、スイッチポットに交換。

    セレクトスイッチの1番と
    7番から、
    スイッチポットのスイッチ部へ、
    追加でコード2本をハンダ付け。

    なのだが、大変っちゃ大変である。

    特に自分の場合、本を読んでもネットを見ても、
    ズバリ解説してくれる記事がなく、今ひとつ理解できてなくて苦労した。

    なんとか自力で会得できたのだが、ポイントとなるのは、スイッチ付きポットの、「スイッチ」と「ポット」を、全く別の部品とみなし、分けて考えると理解できたのだ。この配線図は自分の汗と涙の結晶と言えよう。

     要点をまとめると、スイッチをON(PULL)にすると、上図のピンクとグリーンの
     部分がつながる(通電する)ので、1番(F・P)から来た信号が、7番(全体)へ
     送られるので、スイッチでセレクトした分と、F・Pの信号がまざる、という
     ことである。一度分かればなんてことは無いのだがw

     3)ボリューム、トーンのポットと、スイッチポットのスイッチについて(補足)
    P-03
    ポットについては図示した
    通り、水道の蛇口をイメージすると分かり安いと思う。
    入り口を開けるか、締めるかで
    ある。三本の端子のうち真ん中が出口になる。

    尚、トーンポットには、電流の
    出口が無いみたいだけど、動くの? 
    と思わないだろうか。
    自分も最初は疑問だった。

    トーンの場合は、「本線」から
    の流れを吸い取るか、吸い取らないか、
    言わば、横っちょの水を捨てるためのホースと思えば、OUTPUTを返す必要は無いと
    理解できる。

    コンデンサは、高音域の信号を
    すてるためのバケツってところかな?w

    スイッチポットのスイッチ部分は、番号分けした様に、1番の列か2番の列(または両方)を使う。

     OFF(PUSH)の時は、ピンクの部分、ON(PULL)の時は、グリーンの部分が有効になるが、
     今回は、参考本に書いてあった通りにしたので、2番の列のみを使った(1番の列は無視!)。

     具体敵には、OFF(PUSH)の場合、A2とC2(A1とC1)がつながる(通電)。C2にはF・Pから
     の線をハンダ付けしてあるが、A2には何もないので、何も起こらない。

     ON(PULL)の場合は、C2とB2(C1とB1)がつながる(通電)。C2にF・Pからの信号が入って
     きて、B2から出て行く。つまり、B2と7番(全体)がハンダ付けされているので、F・Pが全体と
     まざる。


    ず邏箸亮命拭措楕でさらに分かりやすく
     1)ピックガードを外して、取り外すために、ジャックと弦アースのハンダをとかした。
    P1
    赤線がジャックへのコードで、さらに白がプラス、銀色がマイナス。

    黒が弦アース。











     2)長さがギリギリで開けにくい。メンテしやすくするため、コードを延長。
    P3




















    3)トーンポットを取り外したところ
    P4マイナスのケーブルとか、
    一旦、全部取り去った。
    セレクトスイッチの7番から、
    メインのケーブルがつながっているのが良く分かる。















    4)スイッチポットをピックガードに取り付ける前に、コンデンサ、ケーブルをハンダ付けしておく。
    P5





















    5)スイッチポットのスイッチ部分の配線
    P6
    スイッチ部の右下2カ所に
    コードがハンダ付けされている。

    最初はよく理解できておらず、F・Pからの線を一本しかつけていなかった。
    それだと何も動作せず、
    5トーンのままだった!









    6)セレクトスイッチの配線
    P7
    ちやんと、1番と7番に、
    追加で白いケーブルをハンダ付けできている。

    5)と同じく、最初はちゃんと理解していなかった。w













    一回で上手くいかなかったので、あせったが、
    一日悩んで、スイッチポットとセレクトスイッチの配線の部分が理解できたため、
    二回目でみごとレインボートーンに改造できた。

    これで、自分のPACIFICA112JLも、上位機種である。というか唯一無二の相棒だw
    ちょっと羨ましかったコイルタップどころか、一気にレインボートーンギターなのである。
    F+C+Rと全部の音を出すとか、F+Rの音が出せるのはサイコーだ!

    次に機会があれば、ピックアップの交換で、さらなるアップグレードができる。
    まじPACIFICAを買ってよかったww 
    でも、YAMAHAももうちょいレフティモデルだしたら?
    まぁ、YAMAHAに限らずレフティギターのバリエーションが増えるといいな。

    あ、ギターの練習ももっと、しないとね!

    途中まで、タミヤカラーで塗ってたフィギュアがあったな。
    続きは、シタデルカラーで塗ることにした。
    fig121)白目。コマ撮りアニメみたいで結構めんどいw
     PALLID WYCH FLESH 使用
















    fig132)瞳。タミヤカラー クリアブルー


















    fig143)瞳の中の白点。
     PALLID WYCH FLESH
















    fig154)最初に黒塗りで始めた場合との差がでた。
     目鼻の輪郭をタミヤカラーのレッドブラウン
     を薄めたもので、少しずつシャドーを入れた。
     唇の一本線にも、レッドブラウンでシャドーを
     ほどこす。
     髪の毛、耳穴には、俺の中でのウェイバー(味覇)
     AGRAX EARTHSHADE を塗っておいた。
     携帯での接写の限界で、良い写真がどうして
     も撮れなかったが、現物をみると、
     「もう、完成でいいんじゃね?」って思ったw

    <次回に続きます>

    なんだろうね。。。この期に及んでシタデルカラーを使い始めるというね。。。
    試したところ、フィギュアの塗装に関しては、シタデルカラーが使いやすいと思った。
    タミヤカラーでフィギュア塗るのは、とりあえず中断した。

    新しいフィギュアを用意して、最初から、シタデルカラー全開で塗っていくぜ!

    fig11)サフ無し。顔を ABADDON BLACK で真っ黒に
     塗る。

    2)SCREAMING SKULL を水でシャバシャバに
     した薄さにして、面相で塗り重ねる。
     頬とか出っ張ったところは繰り返し塗る。
     影の部分はあまり塗らない。
     というように塗料の層で明暗の差をつける。
     ※極意:水でシャバシャバにするからといって、
      水滴をつける訳では無い。ティッシュで余分な
      塗料を必ず拭き取る。結果、ドライブラシというか、
      ウェットブラシみたいにして塗って行く。
     (これ、最近まで、ずぅーっと気付かずに
     「水塗り」してて、「おかしいな? 何かが違う」
    と思ってたw 俺だけ?)

    3)調子に乗って全体をべた塗りするのではなく、目とか鼻とか、輪郭を出している
     部分については、程よく残すように注意する。白黒写真的なのができたら、第一段階完成。
     白目を PALLID WYCH FLESH で塗る。

    4)瞳を タミヤカラーの クリアブルーで入れる。

    5)瞳の中心に、PALLID WYCH FLESH で白点を入れる。
    fig2

    6)ハイライト色塗って、ベース色塗るのは、
     一般的な手順的としては変かもしれんが、
     白黒写真のコントラストを崩さぬように、
     肌色を塗り重ねで作る。
     色は、KISLEV FLESH を使用。
     ここでも、べた塗りにならぬよう、
     パーツごとに輪郭が分かるよう、心がける。

    7)シャドウは、タミヤカラーのレッドブラウン
     を薄く溶いたものを、やはりウェットブラシ
     状態で、微量ずつ描いて行く。

    8)髪の毛は暫定なので、タミヤカラーで
     調色し、黒多めの茶色で塗っておく。


    9)下唇にCARROBURG CRIMSON を少量(任意)
     普通に茶色のシャドーでも良いと思う。

    10)肌色が全体に行き渡ったら、SCREAMING SKULL でハイライトを
      塗って行く。鼻とかおでことか。。。

    fig2-111)やっぱ、血色は良い方がいいかな? ということで。
     これまで自分では「邪道」wと、封印していた
     タミヤのウェザリングマスター<フィギュア用機↓供
     を使うw <Hセット>のペールオレンジで頬とか
     血色が欲しい部分を塗る。マロンはシャドウに使える。
     サーモンピンクはオカマっぽくなるw
     面相筆に、タミヤのエナメル溶剤つけて、パレットを
     こすり、筆にとって塗る。むろん、量はティッシュで
     拭くなどして調整。

    12)耳の穴とか、強いシャドーで良いところは、
      AGRAX EARTHSHADE で塗っておいた。




    13)今さらだけど、「この人って目を細めてるじゃん」
      と気づき、いったん先の通りの白で、碧い瞳を
      塗りつぶしてから、シャドーを駆使して「笑い目」
      に直した。いい笑顔じゃw

    とまぁ、試行錯誤でここまで修行しました。
    fig3fig4



















    練習あるのみ! ミリタリーフィギュアの技術がウォーハンマー40kへ、
    ウォーハンマー40kを参考に、ミリタリーフィギュアも塗るというw
    二足のわらじ爺になっちまったなぁ。。。うれしい地獄w

    fig5

    50すぎてハマるのもどうかと思うが、今ごろ、自分の中ではウォーハンマー40k
    のブームが来たw 昔、フィギュア付きペイントキットみたいなの? を買ったものの
    ほっぽってたw ため、積み(罪)プラくずしの一環として、手をつけてみたのだが。。。。
    fig6fig7














    fig8fig9














    fig10fig11











































    自分にしては、めずらしく、完成したw
    追加するにしてもベースの草くらいかな。ミリタリーフィギュア塗装の修行の成果がでてるん
    とちゃうか?

    あと、特筆すべきは、シタデルカラーが結構使いやすいことだw 過大広告じゃなかったのなw

    ただし注意点がある。それは、初心者がいきなり結果出そうとしても難しいだろうな、ということ。

    下地ぬって、中間色ぬって、ハイライトぬって、影をいれたり、ピンウォッシュしたり。
    という、塗装手順そのものをある程度しってないと塗料の性能が活かせないと思う。

    自分が使いやすいと思ったのは、修行の成果に他ならない(初心者の紳士にはスマンがな)。
    シタデルカラーを使う際には、最低でも墨入れ(ピンウォッシュ)ができる紳士であって
    欲しい。
    でないと、ベースカラーだけ揃えて『なんだこれ、大したことないじゃん。買って損した』
    ってことになりかねんぞ!

    <シタデルカラー入門:ホビー紳士へのオレのおすすめは、これだ!!>
    1)悪いことは言わねぇ。試してみたいなら、やはりフィギュア付きのペイントセット
     買った方が良い! 失敗しても最小限の出費で済むぞ!
     あとペイントセットは最低限の色しか入ってないので、さらにカッコ良くしたいなら、
     足りない色(金色とか?)をタミヤカラーで塗るか、シタデルカラーを追加購入じゃ!
     追加購入するときは、シタデルカラーのアプリの「フィギュアの図鑑」みたいな
     のを見なさい! おのずから足りんものが見えてくるぞい。。。
     追加でシタデルカラーを買う気持ちになったのなら、もう。。。引き返せんかもな。
     また糞素敵なオタク趣味がふえたわけだw ヤバいねw
    2)シタデルシステムがよく分からんのじゃ! って言う人は、「シェード」って
     種類の色から使ってみな。「シェード」は影じゃ。つまり墨入れするのと同じ
     だからスゲー使いやすいぞ! 特に AGRAX EARTHSHADE は万能調味料じゃ!
     味覇(ウェイバー)じゃ! 隙間とかつなぎ目とかに塗れば、バッチリじゃ!
    3)アプリは必須だ!
     Wh40kのフィギュアに限るが、どこを何色でぬればいいか教えてくれる。
     あと、もっている色の管理と、欲しい色のリストが使える。便利だ。
     ※シタデルカラーは色の名前が超分かり難いので、アプリで「赤」とか「黒」
      のリストみて、その中から、「この色でベース・レイヤー・シェードをそろえよう」
      てしたほうが良いと思うぞ。
      コントラストって種類の塗料もあるが、自分が買った二色は「はぁ?」だったから、
      財布と心にゆとりがあるときにしといた方がいいだろう。
    4)シタデルカラーは、タミヤカラーよりお高いでしょ?
      ってことだが、俺はフィギュアしか塗らんので、結構持ちそうだぞw
      性能がいいから、ガンプラ、スケールモデルに使えそうだが、そっちは
      「せなすけ」さんの動画でも見てはどうかな? 
      ちなみに、俺はフィギュア以外に使わんと思うw
    ↑ ペイントセットな。。。個人的には、スペースマリーンとかが、あんまし好きでは無い。
     いかにも英米人が好きそうな、大味なヒーロ然としててなぁ。。。
     デスガードで文句ないが、もう売ってないのか? 無いならネクロンでいいんじゃね?
     シェードを使って塗ってみてちょうだいw

    プレバンでWebガチャとかいうのをやっていて、思わず回した。
    数ヶ月待ってやっと届いたのだが、予想以上にリアルでいいものだった。
    体色はヒョウガラではなく、ブリザードというらしいが、これはこれでGood!
    IMG_0534_2

    まぁ、オレのような初心者(ほぼコロナと同時期の経験値)がHOW TOを記事に
    するのもどうか? と思うが、人に教えるとうまくなるかも知れんw
    ネットで普通に見つかるやり方だが、載せておく。

    1)顔に基本色をぬる
     ダークイエローにフラットアースをまぜて、ベースになる肌色をつくる。
     絵の具の肌色とか、フラットフレッシュじゃないで。
     最近は、サーフェイス吹かない派になったので、そのままぬるw
    IMG_0522_2














    IMG_0523_2色味がわかりにくいが、オレは基本色にちょっと
    白や黄色を足している。赤は足してない(はずw)。
    理由は、ダークイエローにフラットアースをまぜると
    リアルだが暗い色になるから。
    慣れたら、お好みで白を足したり、いろいろ調整するといい。












    2)念のため、フラットクリアにフラットベースを
    少量まぜた「つやけし」を顔に塗っておく。
    IMG_0525_2



















    IMG_0526_2

    はい。顔色塗れたw
    ゼロ段階終了。















    3)油絵の具「バーントシェンナ」を準備する。
     突然だが、油絵の具を使う。
     大丈夫だ。一色しか使わないし、初めてでも安心してほしい。
    IMG_0527_2



















    IMG_0528_2













    油絵の具は、プラモと意外なほど相性が良い。
    紳士(ジェントルマン)ならば、12色セット買っても後悔はしないだろう。
    油絵を描きたくなるかも知れないw
    あ、あと油絵の具の溶剤が必要だ。
    下の「オドレス・ペトロール」は殆ど臭わない。
    IMG_0529_2



















    4)バーントシェンナを顔全体にべた塗りする。
     大丈夫だw 心配するな。
    IMG_0530_2



















    5)1分くらい経ったら、拭き取る。
     オドレスペトロールを筆にたっぷりつけて、顔についた
     絵の具を拭き取る。ティッシュ、綿棒なども使う。
    「フィニッシュマスター」があれば使ってもいいだろう。
    IMG_0531_2



















    6)第一段階完成!
    できた。最低限の顔塗り完了である。これで髪の毛と服をぬって完成
    にしてもいいだろう。As you wish.
    IMG_0532_2消しすぎたと思うなら、
    4)からやり直せば良い。
















    このような手法を「染め塗り」と呼んでいる人もいるようだな。
    まぁ、簡単便利だし。基本だし、覚えておいたほうがいいと思う。
    なお、
    油絵の具は乾くのが遅いので、念のため顔には、しばらく触らないほうが
    いいだろう。まぁ、少量なのですぐ乾くが…。

    今月は、ひたすらフィギュアを塗ってるなー。
    IMG_0459_2IMG_0460_2



















    IMG_0461_2IMG_0462_2



















    IMG_0501_2IMG_0502_2



















    遊びとか趣味でも、苦労しんと上手くならないのは、なんとかならんかなw
    楽してプロ級の腕とか? ハハハ…。

    で、言いたかったんは、写真からは結果しかわからんけど、
    実際には、なんべんも消しては描いての繰り返しで、ちょっと疲れたわ。

    まぁ、マジックリンには大変お世話になってまっせ!
    使い方としては、銀色の塗料皿にシュッシュして、少量とりだし、筆につけて
    フィギュアの顔をこするんや。アクリル塗料が溶けてくるので、そのまま
    ティッシュでふくか、水垂らしてティッシュでふけばOKや。

    タミヤのアクリルはマジックリンで消せるんやでー!!
    溶剤などで消すとプラが溶けるから注意! 知らなかったオレは、溶剤系で拭いていたら、
    フィギュアの顔がどんどん、のっぺりしていくので、おかしいな? と思ってたw

    若い時に買ったままのプラモを今さら作ることにしたで!
    マイアミバイスのデイトナスパイダーや! 
    ネットで調べたらこれはレプリカなんやてなw 正体はコルベット C3や!
    このキットの良いところは、ちゃんとレプリカ仕様になっとるところやで。
    img5332












    これ、若い時に作らなかった理由は、塗装が面倒くさいandできなかったから。
    ところが、ジジイになった今はプラモ力がアップしているから、塗装など、
    なんてことはないでぇ!
    IMG_0519_2














    むしろ、エンジンの組み立て・塗装は大好物やでぇ!
    楽しんで、できたでぇ!
    これがコルベットのエンジンとマニュアル変速機や。

    しかし、ここから先が大変や。シャシーの塗装・研ぎ出し。
    ミリタリーモデルしか、本格的には作ったことがないもんでぇ…。
    ま、研ぎ出しはしないし、むりせずスプレーで塗装しよか。
    いくらオレでも、アホのようになんでも筆ぬりは、せえへんでw

    『アーマーモデリング』は、毎月買っとらんなー。どうしても必要なときだけだな。
    というか、アーマーモデリング2冊よりも、外人の書いた3000円の本一冊買った方が、
    結局安くすんだりすると思うから、まぁよく考えて買うにこしたことはない。
    例えば、上の2冊買って勉強するか、下の外人の本、一冊がいいか悩んだりします。
    オレのお勧めは、「雑誌(ハウツー本)がたまるのがイヤ」だったり、
    「とにかく出費をおさえたい」のならば、外人の本一冊でいいのではないか? 
    と思います。
    理由としては、ミリタリーフィギュアの塗装においては、外人が本場だと思うからw 
    例えるなら、ミリタリープラモのフィギュアの場合は、「日本人にあう洋食」
    じゃなくて、「本場の洋食」がいいと思うんだよね。オレはw
    まぁ、いくら表紙が東雲ちゃんで、いいなと思ってもw 中身で判断して、
    今号はパスなわけですわ。

    1/48飛行機は初めて。なにがなくても、コクピットさえできればいいやんけ!
    気合いでいきまっせー!!
    IMG_0488_2IMG_0489_2























    気合いで、フィギュア攻略やでw
    IMG_0490_2IMG_0491_2























    IMG_0492_2IMG_0494_2























    昭和と違って、今の時代はネットで調べるとコクピットの配色とかが分かるから、
    ホンマ便利でっせ。
    それにしても、オレは昭和より、今の時代の方が良いと思う。
    西武園の昭和の街とか、『三丁目の夕日』とか、ちっとも良いと思わない。
    特に『三丁目の夕日』は、なんも分かっとらんでー!! 昔は洋服にしても、
    素材が違うから、それらしく作っても、フィルムに昭和の雰囲気が出とらんのじゃ!
    イタリア映画『鉄道員』を千回見て、でなおしてこいや!!

    調子こいて、三角ドライバーがついとらん! と文句を言ってたら、ディアゴス様の祟りか、
    もてあそぼうとケースから出すとき、ディスプレイ台座が一瞬ななめになり、
    シャーと走ってw、20cmくらいの高さから落としてもうたがな (>_<)
    小さなサイドミラーが取れたぁ!!
    IMG_0916-2ネコの毛までついとるやないかい!
    やっぱ、しっかり台に固定しとこw












    IMG_0916-3










    台から外したり、つけたりできるから
    やっぱ、三角ドライバー(2.2mm)は、こうといたほうが良いで。
    たのむで、しかし!

    PS.ものごっつい小さなサイドミラー。なんとか瞬接でつけたけど、コレクター的には
    もう「ミント」やないなーw 残念やが、しゃあないわ。

    調子こいて、創刊号を購入! ものは良いと思う。690円だし。
    しかーし!! ミニカーがディスプレイ台座にネジ止めされているのは
    予想していたが、まさか! 三角ねじとはな!
    しょうが無いからラジオペンチで少しずつ回して事なきを得たが、
    最終的にヨドバシオンラインで、三角ドライバーを購入してしまった!

    ※三角ドライバーの口径は、2.2mmでいける。
    口径がわからなくて、ネットで検索したが、なんやねん!
    ディアゴス商品のレポート記事だけ書いて、大切な事を書いて無いヤツが多い! 
    腹が立ったから、私はキチンと書いておくぞw

    ちなみにディアゴスは定期購読で、3号まで買うと三角ドライバーをくれるそうだ。
    なんやねん!そりゃあw 創刊号につけんかい!w えせ大阪弁になってもうたやないかいw
    IMG_0916


    このページのトップヘ