昨年末から、ワープロじゃなくて、手書き文字がいいなと思うようになり、
死蔵していたモンブランをバンバン使っている。
歳をとったのかも知れぬ。もう、オッサンじゃなくてジジイだ。

それだけで懲りずに、
「新しい万年筆まで買った」と友達に話したら、
モンブランのロレンツォ・デ・メディチというのを持っていると宣う。

なんだと?
たかが万年筆に、ものすげー大げさな名前だな、と思った。
というか、名前だけでお腹いっぱいになった。重いw

だって、メディチ家ですよ?
ロレンツォ・デ・メディチ
コシモ・デ・メディチ
カトリーヌ・ド・メディシス
ですよ……。世界史で習いましたよ。

まぁ、モンブランのページみたら「パトロンシリーズ」だって。
どんだけ〜、と思った。
なんだと? 「作家シリーズ」しかも、フランツ・カフカだって!?
うん。工芸品としては、いいけど。
金持ちの遊びだなぁ……。
カフカがそんな贅沢なペン使うわけねぇじゃんw
こういうのは、悪趣味だなぁ……。成金趣味というか。

<追伸>調べたら、カフカって結構、裕福じゃん……。くそっw