正直、ストーリーなぞ、もはやあって無きもの。
どうでもいい漫画。
しかし、
ひたすら、
「仲村さんのキャラが立っている」
「仲村さんがカワイイ」ということで、また、買ってしまった。
むしろ、この作者が、適当なストーリーをこじつけようと
すればする程、ストーリーは余計なものとなり、
単に女の子がカワイイだけの漫画になって
しまうから不思議である。
惡の華(6) (講談社コミックス)
5102P8Vlm5L__SL500_AA300_ 
『別冊マガジン』の方も久しぶりに買ってみたら、完全に
元ネタが分かってしまい、残念であった。

つまり、題名からして、
『「悪の華」って、詩集じゃなくて、映画をヒントにしてないよな』、
「いや、してない。うん、してない」
と始めから不安に思っていたが、やはりパクっていたか!?
である。

「小さな悪の華」を! 
ダメダメじゃないか! 
始めからこっちをネタにしてたんだな!