つい、買ってしまった。

佐藤さとるには外れが無かろう、ということで。

まぁ、そんなにワクワクする話ではないのだが、
リアリティがあり、つい、引き込まれてしまう。

ファンタジーとはいえ、いや、ファンタジーだからこそ、
リアリティが重要であると、改めて感じた。

烏天狗が「蓑」を着ている、というアイデアが素晴らしい。

唯一気にかかるのは、笛の師匠である爺の与平
が、本当に只の爺であることだw
何か、頑固爺でも良かった気がする。
いや、思い出したら、頑固だったw

人の良さそうな爺なのだが、烏天狗の九郎丸への愛情が
生まれて頑固になるのだ。

あと、気付いたのだが、九郎丸=九朗=クロウ=カラス
と読めるのだが、作者の遊びだろうか。

文庫じゃなくて、単行本の方は、カラー挿絵なんだろうか。
気になるw

これ、宮崎アニメでいけるぞww コロボックルもそうだけど。
天狗童子 (講談社文庫)
51BdqSUM32L__SL500_AA300_