存在は以前から知っていたのだが、投稿サイト「小説家になろう」が、ようやく最近になって
気になり始めたw

一番人気のヤツを読んでみたら…。

こりゃ、いわゆる「小説」ではないな。「ラノベ」としか言えない。
「小説」上で「ラノベ」が下、という事では無いが、なんか???である。

ニートで引きこもりのオッサンが異世界に転生し、ヒーロー的存在になる、という
ことなのだが…。

面白い、面白くないじゃなく、楽しくねぇなw うん。

一人称なんで、ニートで引きこもりの日記だな、こりゃ。
「人間が怖い。外に出られない」みたいな感覚、オッサンには共感できません。

ああ、でも、自分の場合も、凄い昔、一人でマクドに行って注文するのも
気が引けたものだった。
しかし、それは「自意識過剰」w
だれも、お前のことなんか見てねぇよ。「変な風に見られてる」って気にし過ぎw

デブとかブサイクとか、外見気にし過ぎw
むしろ「ブサイクが普通」である。イケメン、美女の方が珍しいのだ。
だから「わぁ」ってなるのだ。

三島が太宰に言ったように「乾布摩擦でもしたら消えてしまうような悩み」かな。
太宰は好きだけど。

しかし、よーーーく考えたら、「ニートの日記」つったら、カフカじゃねぇか。
確かにカフカは好きだけど、楽しくはないなw

しかも、カフカは転生しても「ゴキブリ」じゃんw

「朝、起きたら、魔法使いだった」 うーん。つまんねw ニートが幸せになる
のに違和感w 共感できない。

俺は共感できぬが、人気が一番ということは共感しているヤツが多いって事。
つまり、引きこもりや、引きこもり予備軍が多いってことか。

今や、ライトノベルとは、そこまで狭いジャンル小説となっている、ってことか。
「スレイヤーズ」みたいに、無邪気にドラゴン倒す、とかは人気無い訳だ。
なるほど、です。